ローマ法王と子供たちが放った2羽のハト襲われる


バチカン市国のサンピエトロ広場で26日、ローマ法王フランチェスコと子供たちが、世界の平和を願って放ったハトが、突然現れたカラスとカモメに追い回され、羽根などにかみつかれる被害にあった。
 「平和の象徴」への襲撃事件≠ヘ、数万人の信者が見守る中で起こったという。(msn産経ニュース)


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。