クレーマー逮捕


アクリフーズ本社に居座り続けた疑いで男逮捕
農薬混入事件があったアクリフーズの本社にクレームをつけに訪れた男が、退去を求められたにもかかわらず居座り続けたとして、警視庁に現行犯逮捕されました。

 不退去の疑いで現行犯逮捕されたのは、東京・八王子市の職業不詳、峯苫重幸容疑者(46)です。峯苫容疑者は、27日午前10時前、東京・江東区にあるアクリフーズの本社を訪れ、「電話の対応が悪い」などとおよそ2時間にわたってクレームをつけた上、その後、退去を求められたにもかかわらず、居座り続けた疑いがもたれています。

 警視庁によりますと、峯苫容疑者は前日に「商品リストがほしい」などとコールセンターに電話をかけていて、その際の対応をめぐって直接本社を訪れたということです。

 取り調べに対し峯苫容疑者は容疑を認めた上で、「5回くらい『お引取りください』と言われたが、対応が悪いので居座り続けた」などと供述しているということです。(TBS Newsi)

   暇な人ですね。何かくれると思っていたんですかね。どこかの国みたいです。


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。