ちょっとくっつけておくか...


切断された手を足に接続して保存、1か月後に再接合 中国
【12月18日 AFP】中国で、事故により切断された男性の手を、1か月間にわたり足に接続させて壊死を防ぎ、再び腕の先に戻す手術が行われた。地元メディアが17日、報じた。

17日の地元紙「瀟湘晨報(Xiaoxiang Morning Herald)」によると、シャオ・ウェイ(Xiao Wei)というニックネームの25歳の男性は先月、中国中部・湖南(Hunan)省常徳(Changde)で仕事中に、工作機械によって右手を切断される事故に遭った。

切断部分の損傷具合があまりにもひどく、すぐに再接合することはできなかったため、同省の州都長沙(Changsha)の病院の外科医らは、足のアキレス腱のすぐ上の部分に接続させ、壊死を防ぎつつ、傷が回復するのを待った。

状況にもよるが、切断された手足は、数時間以内に血流を復活させれば生かし続けることができる。

同紙によると、医師らは今月、9時間の手術で足から手を切り離し、シャオ・ウェイさんの腕の先に再接合することに成功した。手の機能を回復させるためには、さらに数回の手術と、リハビリを行う必要があるという。(c)AFP


  とても合理的な手術なんでしょうが、患者は複雑な気持ちだったでしょうね。


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。