ジャッキー・チェン-父親の職業はスパイだった


インタビューで、ジャッキー・チェンは、父親の本当の職業を知らなかったと告白。しかし知らないのは職業だけではなく本当の"名前"も、最近まで知らなかったという。


「本当にショックでした。ある日、父を乗せて車を運転していたら、父が突然の自分のほうに振り返って、"ジャッキー、俺はもう年を取り過ぎた。明日死ぬかもしれない。だから、おまえに言っておかねばならない秘密がある。


......実はお前はジャッキー・チェンじゃない。本当の名字はチェンじゃなくて「ファン」だ"と言われたんです」とジャッキー。


Jchan-father-spydad.jpg父親がその先を話す前に、ジャッキーはドキュメンタリー映画の監督に電話をして呼び寄せ、父親の告白を3年に渡って撮影したという。


ジャッキーによればこの映画化権を買われているので、いずれ映画になるだろうという。


「僕はひとりっこだと思っていたのに、実は父親には他に2人の息子がいて、母親には2人の娘がいることも知りました」という。


「父親の職業はスパイだったんです。中国から香港に逃げるときに銃で撃たれたあと、香港からオーストラリアに逃亡し、アメリカ大使館に40年間隠れていたんです。僕は単に大使館でシェフとして働いていたと思っていたんですが」と語っている。(ABC振興会

まあこの前こんな発言もありましたが、むしろ普通なのがおかしいかと...



ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。