ノルウェー首相がタクシー運転手になってみた


【オスロAFP=時事】ノルウェーのストルテンベルグ首相は11日、首都オスロで6月のある日、
タクシー運転手となり、乗客の声を聴いて回っていたことを明らかにした。
車載カメラによる映像をネット上で公開し「人々が本心で何を考えているか知ることが重要だ。
本音を話せる場所はどこか。タクシーの中だ」と首相は訴えている。

 映像では、乗客から「あなた、首相にそっくり」とすぐに正体を見破られている。
首相は素直に認め、運転は8年ぶりであることも白状している。報道によると、乗車料金は受け取らなかった。
 ノルウェーは9月9日に総選挙を控えている。世論調査では首相率いる与党連合は2005年から続く長期政権への飽きから劣勢。
選挙に負けたらタクシー運転手に転職かとノルウェー紙に問われ「タクシーの乗客からすれば、
私が運転手であるより首相の方がましだろう」と答えている。 


    仮にこれが宣伝だとしても日本の政治家もこのくらいの余裕は欲しいですね。


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。