何だか像が動いているんだが...


今、英Manchester Museumに展示されている、エジプトで発見された小像が大注目を浴びている。誰も手を触れることのできないガラス張りのディスプレーの中で、人知れず動いている姿が映像にとらえられ、ファラオの呪いか?!はたまた大災害の前兆か?!と恐れられている。

くだんの像は高さ25cm程の小さなもので、古代エジプトの神“オシリス”に捧げられたNeb-Senuの像。あるミイラの棺から発見されて以来80年間同博物館で保管、展示されているそう。しかし最近になり、職員がくだんの像があらぬ方向を向いていることに気付き、元に戻しても翌日にはまた動いた形跡ありというのを繰り返しているとか。霊的なお告げではないかと一躍注目を集めるようになった。

騒動を受け博物館では24時間、低速度撮影カメラで記録を開始、すると驚くべきことに誰も触っていないのに、Neb-Senuの像が明らかに180度も回転しているではないか!?「何らかの振動が伝わっているだけ」と一蹴する専門家もいるが、「ではなぜ今までは何も起きなかったのか?」「もっと納得のいく説明求ム!」との声が殺到している。(irorio)


    まあ確かに動いていますね。


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。