96歳夫が91歳妻"殺害"「先に死ねば困ると思い・・・」


奈良県大和郡山市の住宅で、96歳の夫が91歳の妻の首を絞めるなどして殺害したとして、殺人の疑いで逮捕されました。
警察によりますと夫婦は2人暮らしで夫は寝たきりの妻を介護していたということで、調べに対し「介護に疲れ、一緒に死のうと思った」と供述しているということです。

逮捕されたのは、大和郡山市の住宅で91歳の妻と2人暮らしをしていた96歳の夫です。
警察の調べによりますと、夫は8日夜遅く、自宅で寝ていた妻の首を両手で絞めたうえ包丁で切りつけるなどして殺害したとして、殺人の疑いが持たれています。
妻は2年ほど前から寝たきりの状態で、夫が介護しながら1日3回の訪問介護を受けていたということです。
8日夜7時ごろ、介護士が自宅を訪れたとき変わった様子はありませんでしたが、9日9時すぎに再び訪れると妻がベッドの上に倒れ、意識がなかったということです。
警察の調べに対し夫は「妻の介護に疲れていた。高齢の私が先に死ぬと妻が困るので、一緒に死のう思った」と容疑を認めているということです。
夫は首に刃物で切ったような軽いけがをしているということで、警察は詳しい動機やいきさつを調べることにしています。(NHK NEWS WEB)
  色々な声はあるでしょうが、今年(といってもまだ2月ですが)、最も悲しい事件です。


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。