「うるせー、ばか、はげ、死ね」 悪口を言われ激怒 中学教諭、男子生徒16人の頬を平手打ち

神奈川県の小田原市教育委員会は2日、同市立中学校の50歳代の男性教諭が、 2年生の男子生徒16人の頬を平手でたたく体罰をしたと発表した。

発表によると、1日午後、男性教諭が授業に遅刻した生徒たちに教室へ入るよう呼びかけた際、数人が「うるせー、ばか、はげ、死ね」と暴言を吐いた。男性教諭は発言した生徒に名乗り出るよう求めたが、返事がなかったため、その場にいた生徒16人を廊下に正座させて頬を1回ずつたたいた。
けがはなかった。

男性教諭は直後に校長へ報告し、「過去にも暴言はあったが、今回は名乗りでない
ことが許せなかった。体罰が報道されている中でこんなことをして申し訳ない」と
話したという。同校は2日、体罰を受けた生徒と保護者に経緯を説明し、謝罪した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130202-00000807-yom-soci
痛いニュースより

   たしかに、はげはいかん。


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。