抗議するほどのこと?


TBS系(JNN)2014年2月7日
 作家・村上春樹さんの短編小説での表現が波紋を呼んでいます。「火のついた煙草をそのまま窓の外に弾いて捨てた。たぶん中頓別町では、みんなが普通にやっていることなのだろう」。この表現を巡り、北海道・中頓別町では、「町のイメージを傷つけた」との声が上がっています。

 実在する場所や人をフィクションの中で描く、みなさんはどう受け止めますか。ビデオご覧ください。

 
普段は小説もお読みにならないであろう方々がずいぶんと凄い勢いですね。

普通に読んでも”なのだろう”で断定表現でないことは分かります。

本当に皆さん、お暇なんですね。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。