「捜査で訪ねた浜松市のハーブ店で購入し、吸った」薬物担当警官、気分が悪くなって倒れ救急車で病院に搬送される


テレビ朝日系(ANN) 1月22日
 搬送されたのは、薬物捜査を担当する警察官でした。

 静岡県警磐田署の40代の男性警部補は20日、帰宅途中に磐田市の路上で気分が悪くなって倒れ、救急車で病院に搬送されました。警察によりますと、警部補は、脱法ハーブらしい植物が入った袋を所持していて、「捜査で訪ねた浜松市のハーブ店で購入し、吸った」と話しているということです。静岡県警は、「植物の特定を急ぎ、適切に対処したい」とコメントしています。

  ミイラ取りがミイラになったということでしょうか。それとも研究熱心な警察官なんでしょうか。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。