文化庁に相談したばっかりに...



 絶滅の恐れがあり、国の天然記念物に指定されている淡水魚「ミヤコタナゴ」を譲り受けるなどしたとして、警視庁は14日、種の保存法と文化財保護法違反の疑いで、東京都荒川区の男性会社役員(60)ら3人を書類送検した。

 男性がミヤコタナゴを1000匹以上に繁殖させ「増えすぎた」と文化庁に連絡して発覚した。

 書類送検容疑は、2012年5月、国の許可を受けずにミヤコタナゴ28匹を無償で知人から譲り受けるなどした疑い。

 警視庁によると、「貴重な魚だったので繁殖に夢中になった」と容疑を認めている。

 男性は趣味で魚を飼育。専門書を買うなどして、約1年かけて28匹を1000匹以上に繁殖させた。13年7月、男性が「ミヤコタナゴが増えすぎた」と文化庁に連絡した。

 ミヤコタナゴは、繁殖が難しく、環境省のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。文化庁の職員は「どうやって育てたのか知りたい」と話しているという。

(共同)


   どうやって育てたのか本当に知りたいんだったら、発覚させたりしないでしょう、普通。





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。