『若い体に触れているうちに欲情した』患者の女性にわいせつ行為した疑いで鍼灸院の院長が逮捕


 患者の女性にわいせつ行為した疑い しんきゅう師の男逮捕

TBS系(JNN) 12月6日
 東京・三鷹市にある鍼灸院の院長が、患者の20代の女性に対し、治療中に下半身を触るなどしたとして、警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは、三鷹市のアミカ鍼灸院の経営者、本山玉城容疑者(48)です。本山容疑者は今年7月、20代の女性を治療していた際、突然、後ろから抱きつき、およそ10分間にわたって頬にキスをしたり、下半身を触ったりするなどのわいせつな行為をした疑いが持たれています。

被害者は、自宅の住所など個人情報を書いたカルテを提出していたことから不安になり、警視庁に被害を届け出たということです。

 本山容疑者は『若い体に触れているうちに欲情した』と容疑を認めているということで、警視庁は、余罪があるとみて捜査しています。

   AVの観過ぎですかね。被害者もその日はなすがままだったということでしょうか。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。