19歳の少年、忍び込んだ家の家財道具をリサイクル業者を呼んで売り払う


侵入した家に業者呼び家財道具売り払った19歳

福岡県警八幡東署は14日、北九州市小倉北区の無職少年(19)を邸宅侵入、窃盗容疑で再逮捕した。

 忍び込んだ家の住人になりすまし、リサイクル業者を呼んで家財道具を売り払ったという。

 発表によると、9月21日から同28日頃までの間に同市八幡東区の空き家に侵入。2万円のほか、テレビや炊飯器など11点(計13万6200円相当)を盗んだ疑い。当時、住人の女性(81)は入院中だった。少年は無施錠の窓から侵入し、近くのリサイクル業者を呼びに行き、引き取りを依頼したという。

 女性の娘(60)が同28日に家を訪ね、犯行に気付いて警察に通報。少年は11月2日、再びこの家に忍び込もうとして、住居侵入容疑の現行犯で逮捕されていた。
(2013年11月14日 読売新聞)

 末恐ろしい少年ですね。とんでもない人間になるか、一生こそ泥をしているかのどちらかだと思います。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。