3Dプリンターで金属製の銃を作ってみた



3Dプリンターで金属製の銃 米企業
(CNN) 米テキサス州の企業が8日、3Dプリンターを使った世界初の金属製の銃を作ったと発表した。

銃器専門メーカー、ソリッド・コンセプツはブログの中で、この銃を使って実弾50発以上を発射し、約27メートル先の的に命中させたとしている。

この銃は、米国の銃器設計者ジョン・ブローニングが設計した自動拳銃M1911で、米比戦争から生じた戦闘の最終局面で初めて広く使用された。33個の部品で構成され、その大半はステンレス製だが、グリップは炭素繊維でできている。

3Dプリンターの低価格化で利用が広がるにつれ、近い将来、犯罪者が自宅にいながら追跡不可能な銃を量産できるようになるのではとの懸念の声が上がっている。

これについて同社は、この技術は、3Dプリンターを使って銃をより安価に、より簡単に製造できるようにするのが目的ではないとし、3Dプリンターが単にホビーストたちがプラスチック製品を大量生産するための物ではなく、まじめな商業利用も可能であることを証明したかったとしている。
今年5月に同じくテキサス州の非営利団体ディフェンス・ディストリビューテッドが3Dプリンターで作ったプラスチック製の銃で実弾を発射するビデオを投稿し、論議を呼んだ。

開発責任者のコーディー・ウィルソン氏(25)は、3Dプリンターを使った銃の作り方をネット上で公開したが、米国務省の命令で削除され、その後、同団体のホームページも閉鎖された。

しかし、ソリッド・コンセプツは免許を受けた銃器メーカーだ。同社は、3Dプリンターを使って金属製の銃を作る技術の1つの利用例として、拳銃の交換部品の販売を挙げている。

おまけ

    いやあ技術の進歩は凄いですね。これだと全世界で銃が作られるのは時間の問題です。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。