「中国の大気汚染の影響を受けた可能性は低いのではないか」→そんな訳ない


大気中の汚染物質PM2.5について、千葉県は4日朝、市原市で比較的高い濃度が観測され、一日の平均濃度が国の指針を超える可能性があるとして、千葉県としては初めて県内全域に「注意情報」を出しました。

千葉県によりますと、県内30か所の観測所のうち、市原市に設置された3か所の観測所で、4日午前7時までの1時間に大気中のPM2.5の濃度が、1立方メートル当たり88マイクログラムから127マイクログラムの比較的、高い値を観測しました。
このため、千葉県は、一日の平均濃度が国の指針の70マイクログラムを超える可能性があるとして、午前9時、千葉県としては初めて県内全域に「注意情報」を出しました。
千葉県は、不要な外出を控えることや外出の際にはマスクを着用すること、それに換気や窓の開閉を最小限にすることなど、注意を呼びかけています。
千葉県は「範囲が限られているため、中国の大気汚染の影響を受けた可能性は低いのではないか」としています。
NHKが各地の放送局を通じて調べたところ、PM2.5を巡り、千葉県のほかに関東各地で「注意情報」を出している地域はありませんでした。(NHK)

    

      じゃあどうしてですかね。もし日本が原因だったら大問題じゃないですか。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。