山本太郎、さすがにそれはまずいだろう


山本太郎参院議員(無所属)は31日、同日行われた園遊会で天皇陛下に手紙を渡した理由について、「(東京電力福島第1)原発事故の収束にあたる労働者が劣悪な環境で作業している現状を知ってほしかった」と述べた。国会内で記者団に答えた。

 また、「常識的には失礼に当たるかもしれないと思ったが、禁じられているとは聞いていなかった」と主張。その上で「陛下を政治利用したことにはあたらないが、どうレッテルを貼ってもらっても結構だ」と強調した。

 山本氏は7月の参院選で「脱原発」を掲げ東京選挙区から無所属で出馬し、初当選した。
(MSN産経ニュース)
その手紙
8a6c4f9d.jpg
    何でも行動すればいいという自分勝手な解釈は許されるとは思わない。浅薄過ぎる。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。