文月メイ、歌詞が過激すぎて有線配信見送られる


文月メイ、歌詞が過激すぎて有線配信見送り

スポーツ報知 10月2日

 2日にデビューするシンガー・ソングライターの文月メイ(27)のシングル「ママ」が、過激な歌詞内容のため予定されていた有線放送を見送られていたことが1日、分かった。

 同曲は児童虐待がテーマ。「ぼくのことが邪魔なの?」「どうして、ねぇママ」とギター演奏のみで子供の心境を歌う。今年3月に「You Tube」にアップされると「涙が止まらない」などの反響があり、再生回数13万回を記録。デビューにあたり有線は9月から放送する予定だったが、歌詞が「ショッキング」として見送ったという。

 文月は2009年から2年間、学習塾の教室長を経験。親から虐待された経験を持つ女子高校生や、母子家庭でいつも違う男性が家にいる女児らの心の声を聞いてきた。近年、子供を殴って死なせるなど虐待事件の報道が増えているのをきっかけに作曲。「今後も周りで起きていることに対する疑問や違和感を歌にしていく」と話している。


      F○CK満載の歌詞は良くてこれはダメ、と。薄っぺらい理屈ですね。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。