妊婦がお腹の中の胎児をさらわれる


2013年6月29日、安徽省阜陽市で26日、妊娠10カ月の妊婦がお腹の中の胎児をさらわれるという怪事件が発生した。チャイナフォトプレスが伝えた。

24歳になるこの妊婦は出産予定日を10日ほどすぎており、事件のあった26日はひとりで市内の病院に検査に行っていた。女性は診察を終え診察室を出たところで突然めまいを感じ、意識を失った。

女性の家族は午後になっても女性と連絡がとれないことを心配し、探していたところ、知らない相手から「本人は無事、子供は連れて行かれた」とのメールが。何が起こったかを察した家族は警察に通報。その夜遅くに女性を発見したときには、すでにお腹の中に胎児はおらず、生まれたはずの子供の姿もなかった。

事件がネットで取り沙汰されると、警察も対応を重視。事件として取り上げ、捜査に全力を挙げているという。(翻訳・編集/YM) (レコードチャイナ)


             新手の人身売買ですかね。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。