平沢勝栄衆議院議員「渡邉美樹擁立は辞める形に持っていきたい」


28日深夜にテレビ朝日で放映された『朝まで生テレビ』で、渡邊氏を自民党の公認にしたことについて聞かれた平沢勝栄衆議院議員は「抗議は党本部にもずいぶん来てまして、おそらく党の方で何らかの対応をすると思います。私は、今国民からいっぱい来ている声を聞く限りでは、一定の票は取ると思いますけども、減る票の方が多いと思います。

(渡邊氏を自民党の公認候補として参院選に推すのは)やめた方がいいと思います。
私個人の考えかたですけども、是非そういう形に持っていきたい」と語った。(抜粋)
http://getnews.jp/archives/370411
痛いニュース

  まあ、正論かと。


ドラッグクイーン大会で乱闘-理由は審査員が優勝者の名前を間違えてアナウンスした為


[タラポト(ペルー) 26日 ロイター] - 南米ペルーの北部にあるタラポトで26日、ドラッグクイーンのコンテストが開催されたが、ライバル参加者の間で取っ組み合いのけんかが発生するというハプニングがあった。
美しさを競う同コンテストでは、優勝者が発表された後、ライバルの参加者が優勝者に襲いかかった。報道によると、審査員が優勝者の名前を間違えてアナウンスしたという。
取っ組み合いの模様はカメラに捉えられ、参加者のかつらが取れて宙に舞うなどした。


            男対男の真剣な闘いですね。

軍艦島をストリートビューした件



   ここまで撮るんですね。

動く複数の物体を攻撃するロケット



   イギリス製らしいです。

二度と帰ってくるな、売国奴!



 インタビューで喋っているのは47秒から1分31秒、1分54秒から2分17秒、2分32秒から2分49秒

 の三回ですね。全部観るのも面倒でしょうから。それにしても冒頭の”閣下”って、何なんでしょう?

何だか像が動いているんだが...


今、英Manchester Museumに展示されている、エジプトで発見された小像が大注目を浴びている。誰も手を触れることのできないガラス張りのディスプレーの中で、人知れず動いている姿が映像にとらえられ、ファラオの呪いか?!はたまた大災害の前兆か?!と恐れられている。

くだんの像は高さ25cm程の小さなもので、古代エジプトの神“オシリス”に捧げられたNeb-Senuの像。あるミイラの棺から発見されて以来80年間同博物館で保管、展示されているそう。しかし最近になり、職員がくだんの像があらぬ方向を向いていることに気付き、元に戻しても翌日にはまた動いた形跡ありというのを繰り返しているとか。霊的なお告げではないかと一躍注目を集めるようになった。

騒動を受け博物館では24時間、低速度撮影カメラで記録を開始、すると驚くべきことに誰も触っていないのに、Neb-Senuの像が明らかに180度も回転しているではないか!?「何らかの振動が伝わっているだけ」と一蹴する専門家もいるが、「ではなぜ今までは何も起きなかったのか?」「もっと納得のいく説明求ム!」との声が殺到している。(irorio)


    まあ確かに動いていますね。

何だかよく分からないフランスのピザハットCM



   ハリウッドのなんちゃって日本よりはマシですが...

米国防長官、講演で会場を約15秒静寂に包む



時事通信 6月22日(土)

 【ワシントン時事】ヘーゲル米国防長官が中西部ネブラスカ州で行った講演後の質疑応答で、質問者を指す際に「君は(アフガニスタンの反政府勢力)タリバンのメンバーじゃないよな」と冗談を飛ばし、謝罪に追い込まれた。国防総省のリトル報道官が21日、明らかにした。
 長官は19日、母校ネブラスカ大オマハ校で講演した後、質問を受け付け、「タリバン」発言を行った。質問しようとしていたのは、アフガンと地理的に近いインド出身の研究者。会場は約15秒にわたり静寂に包まれた。
http://headlines.yahoo.co.jp/

おそらく家庭菜園には使われないであろうハイテク家庭菜園キット「スマートハーブガーデン」



             まあ使い方は人それぞれですからねえ。

ロシアと中国、仕事の流儀

ロシア

中国


   これで給料が貰えるんですから世界は広いですね

人間じゃ絶対勝てないエアホッケー


ゲームセンターではお馴染みのエアホッケーだが、このたび千葉大学の並木研究室では、人が対戦相手なら絶対に勝てる気がしないエアホッケーロボットを開発。汗もかかずに(当たり前だ…)、挑戦者を軽くあしらう。そんな驚異的なエアホッケーロボをご紹介しよう。

このロボットには、四軸のロボットアームに2つのハイスピードカメラセンサーが備え付けられており、インプットした情報をPCに送ることで、リアルタイムの分析が可能になったという。このカメラはエアホッケーのパックとバドルを追跡し、それらの位置データにより次の動きを決定する。その早さ、なんと毎秒500フレーム! 人間の動きなど、亀の歩みよりもおそいスローモーションで見えているという事だ。

更にこのシステムにはモーション・パターン・ヒストグラム(MPH)という技術が組み込まれており、対戦者が攻撃してるのか、守備に徹しているのかを分析しながらプレイするとの事。対戦者により戦略を変えることだって可能だそう。

動画ではオフェンスモードとディフェンスモードの両方が見られるが、もはや人間が適当にあしらわれているようにしか見えない…。irorio

タックスヘイブンを利用した節税対策により租税を完全回避し、富裕層へ高すぎる税率を課そうとする日本の国税庁に完全勝利したドワンゴくん



            やっぱり使っていましたかw

ここまで徹底しているのは凄い



             これは感動すら受けます。

大きさや形がちょうどいいんだと思います


  
   ご覧の通り、スクーターやバイクに発情する牛です。

   

11歳の少年が、学校の友人の母(36)を妊娠出産させていた


【6月16日 AFP】15日のニュージーランド紙ニュージーランド・ヘラルド(New Zealand Herald)によると、同国の11歳(当時)の少年が、学校の友人の母(36)を妊娠出産させていたことが明らかになった。

 ニュージーランドの現行法では強姦(ごうかん)罪は男性にしか適用されないため、女性を強姦罪に問うことがなぜ認められないのかとの議論を巻き起こしている。児童への性的虐待問題に取り組んでいるカウンセラーらは、女性が強姦の加害者になる可能性への注意不足が浮き彫りになったと指摘した。

 ジュディス・コリンズ(Judith Collins)法相はこの事案を調査する意向を示し、「このケースは重要な問題を提起しており、法改正の必要性について助言を求める」とコメントした。
 
■少年が校長に相談して発覚

 妊娠出産した友人の母と少年は、オークランド(Auckland)市内ノースアイランド(North Island)地区に住んでいる。氏名は公表されていない。

 少年が通う学校の校長は同紙に対し、少年から事態を打ち明けられてショックを受けたと述べた。少年は昨年後半、友人の母と関係を持っていると校長に打ち明け、「やめなければいけない」と語ったという。

 性的虐待を受けた経験を持つ男性の組織は、この事例では少年の友人の母の責任を問うべきだという見解を示した。ニュージーランドの法律では、強姦罪が男性にのみ問われ、有罪になれば20年以下の禁錮刑が科せられる。一方、女性が男性に関係を強要した場合は強姦罪より軽い性的暴行罪が適用され、有罪となっても最大で禁錮14年にとどまる。

 生まれた赤ちゃんを2か月前に保護した政府の福祉当局は、少年の学校で対応に当たっており、この事例が法廷で審理されることを確認した一方、詳細への言及を避けた。警察もコメントを避けたという。
 
 現在は12歳になった少年も保護されていると同紙は伝えている。(c)AFP

 まあ、当事者達が大変なのは当たり前ですが、何より赤ちゃんの将来が心配です。

ScanSnap SV600 利用シーン編(109秒)



 あ、すみません。個人的に欲しいものです。飛ばして下さい。

何の為に使うのか教えてくれwww



    普通にに送られて来る時点でおかしくて仕方がないのですが。

普通、罵声を浴びせられるか、殴られると思う



   こうはならないでしょうw

スバル・アイサイトでの事故回避実例



  普通に運転してたらぶつかりますよね。

彼の言葉を批判する神経が分からない


記事はこれ

   こんなこと書いてるから世界になめられる。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。