米国「憲法改正は日本の内政問題だ。日本に聞け」 韓国記者のしつこい質問に対し


米国政府の定例記者会見で、韓国の女性記者が、「日本の安倍首相が憲法96条を改正する考えを述べているが、米国はこれを支持するのですか?」 と質問しました。

それに対し、米国のVENTRELL報道官は、「日本の憲法のことについては、日本の方に聞いて下さい」と答えました。

それに対し、韓国の女性記者は、「貴方は今回の日本の憲法改正に賛成なのか?」と質問しました。

米国のVENTRELL報道官は、「それは日本の内政問題になりますので」と答えました。

それに対し、韓国の女性記者は、 「何人かの評論家は、今回の96条改正は、実際には憲法9条の改正
へ向けた布石だと確信しています。その事は、日本政府が公式に国軍を保有する事を助けるものです。
最近、日本の安倍首相は、「侵略の定義は、公式に定められているものでは無い」ともコメントしています。
米国は、これらの憲法改正の動きに関わっているのですか?」 と質問しました。

米国のVENTRELL報道官は、「もう一度言いますが、日本の内政問題に関することは日本の方に
聞いて下さい。(以下省略)http://www.state.gov/r/pa/prs/dpb/2013/05/208885.htm

痛いニュース
           17分50秒から19分19秒くらいまでですかね。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。