体重120sの乗客のジャンプで駅のホームが崩落


ウクライナの首都キエフのヴィシゴルスカヤ駅で、電車に乗客が乗り込もうとした際、プラットホームが崩落する事故があった。コンクリート板が崩れ、その上に立っていた約20人が被害に遭った。

乗客らの中には、ホーム崩落の様子を撮ったビデオをネットにアップした人もおり、なぜコンクリート板が耐えられなかったのか意見を交換している。その中では「ゼニト駅方面より到着した電車の2両目から、体重が120キロはあろうかと思われる男性が、車両の階段とホームの間を飛び越えたが、その際の衝撃が、ホームの崩壊をもたらしたのではないか」との見方が支配的だ。
なおウクライナ南西鉄道報道部によれば、幸いホーム崩落によるケガ人はなかった。
The Voice of Russia
Newsru.com

男性が激しすぎたのか、ホームが古すぎたのか...


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。