映画「マトリックス」を1分間で説明したらしい



   分からない...


中国衛星の破片が衝突、ロシアの小型衛星が使用不能に

米アナリティクカル・グラフィックス社(AGI)の研究部門CSSIは8日、ロシアの小型衛星ブリッツと、中国の気象衛星「風雲1号C」に由来するスペース・デブリとが衝突したと発表した。

 風雲1号Cは中国が1999年に打ち上げた極軌道(地球を南北に周る)気象衛星で、老朽化によって運用を終了したのち、2007年1月11日に衛星破壊実験の標的として利用された。その結果約3000個もの破片(スペース・デブリ)が軌道にばら撒かれることとなり、くわえて風雲1号Cが周回していた軌道は高度800km辺りと比較的高く、発生したデブリは今後も長期に渡って軌道に留まり続け、他の衛星を脅かし続けることになる。実際にこれまでも、いくつかの人工衛星や国際宇宙ステーション(ISS)が、このデブリとの接近や衝突を避けるために軌道変更を行ったことがある。

 ブリッツ(Блиц – BLITS)は2009年9月17日に打ち上げられたロシアの小型衛星で、球形のレトロ・リフレクター(逆反射鏡)を持っている。レトロ・リフレクターは地上から発射したレーザー光を反射させる役割を持ち、その反射光を地上で捉えることで、衛星までの距離、ひいては衛星の軌道を精密に観測することができ、さらにその変化を調べることで地球の重力場がどのようになっているかを知ることもできる。

 CSSIによれば、今年2月4日にロシア側からブリッツの軌道と姿勢が変化していること、またその変化が生じたのは協定世界時2013年1月22日7時57分ごろであることが報告された。それを基にCSSIが調査した結果、風雲1号Cの破壊によって生じた破片が、協定世界時2013年1月22日3時8分にブリッツに接近することが判明、また変化が生じたとされる時期に接近する物体はただこの一つだけであることから、ブリッツの軌道と姿勢の変化は風雲1号Cと衝突したために生じたと結論付けられた。

 ブリッツの被害は明らかになっていないが、姿勢が乱れたことでレーザー測距は行えない状態になり、また衝突によってデブリが生じたことも確認されている。同社では衝突の原因や被害、今後の影響については、より多くの研究が必要としている。
http://www.sorae.jp/031099/4812.html
■Chinese space debris hits Russian satellite
http://blogs.agi.com/agi/2013/03/08/chinese-space-debris-hits-russian-satellite/

ロシア対中国ですか。さてどうなるんでしょう?

ネコをおちょくるガ



 あ、タイトル一回で意味わかりました?

オリンピックなら10点満点!



              見事な着地です。

[WBC] 台湾の美少女たちが笑いながら韓国国旗をグチャグチャにする



   許す。

カッコ悪いバイク野郎w オマケ付き



   引きずられてるしw

オマケ

営業中の店に突然車が突っ込むw米・ペンシルベニア州



アメリカ・ペンシルベニア州で、営業中の店に突然、車が突っ込んだ。
店の従業員がレジの集計をしていると、突然、1台のピックアップトラックが、ドアを突き破って突っ込んだ。
車は、レジカウンターや陳列棚などを吹き飛ばして停止した。
従業員は、ぼうぜんとした様子で立ちすくんでいた。
車を運転していたのは10代の少年で、ブレーキとアクセルを踏み間違えたという。
当時、店内には、従業員がもう1人いたが、けがなどはなかったという。(FNN NEWS)

老人ならともかく10代の少年がブレーキとアクセルを踏み間違えるって...

ファンキーな追い越しをされた件w



    テクニックだとしたらすごいですが。

香川真司、プレミア・リーグにおけるアジア人初のハットトリック


2日に行われたプレミア・リーグ第28節のノリッジ戦で、マンチェスター・ユナイテッドは日本代表MF香川真司のハットトリックの活躍もあり、4−0で快勝した。

 9月29日のトッテナム戦以来、22試合ぶりの得点を記録した香川。これまでのうっ憤を晴らすべく、後半にも2ゴールを挙げ、プレミア・リーグにおけるアジア人初のハットトリックを達成してみせた。採点を公開した英メディアも香川に対して最大級の賛辞を送っている。

 『スカイスポーツ』は「素晴らしいフィニッシュ。ハットトリックはふさわしい」との寸評とともに、チーム最高点となる9点を与え、マンオブザマッチに選出。また『ユーロスポーツ』もチーム唯一の9点を与え、マンオブザマッチに選出している。さらに『BBC』は「香川が歴史を作った」との見だしで、アジア人初の快挙を称えている。(ゲキサカ)

除雪車のドライバーが道路脇の車にわざと雪をかける→動画を公開してクビ



   米ボストン郊外だそうです。

電車で席譲ってほしい!“偽妊婦”パッド―中国クオリティ


2013年2月27日、新京報によると、中国では混雑する電車内で席を譲ってもらうため、妊娠しているふりをするための「偽妊婦パッド」が女性の間で売れている。腹に巻くと妊婦のような体型になるものだが、車内でパッドがずり落ちた女性が周囲の笑いものになり、当局に訴えるなどトラブルも起きている。
それによると、パッドはゴム製でベルトで腹部に巻きつけて使う。インターネット上では複数のサイトで売り出され、価格は300〜700元(約4500〜1万500円)ほど。「本物そっくり」、「触った感じは偽の腹とは思えない」などのうたい文句で、中には「双子タイプ」や妊娠月数を指定したものもあり、売れ行きは上々という。あるサイトではここ1カ月で59個、これまでに529個売れたとか。

一方、パッドをめぐるトラブルも発生している。北京市に住むある女性は、ネット掲示板で値切って買ったパッドを着けて出勤。地下鉄に乗り込んだところ、車内でパッドがずり下がって床に落下。周囲の客の笑いものになったという。憤慨した女性は「品質に問題がある」として当局に苦情を申し入れたが、訴えは受理されなかった。(翻訳・編集/AA)
livedoor news
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。