大間のマグロ、1億5540万円


大間のマグロ、1億5540万円=初競りで史上最高値更新−築地市場

築地市場の初競りで史上最高値を付けた青森県大間産のクロマグロ。右は落札し、笑顔のすしチェーン店「すしざんまい」を展開する喜代村の木村清社長=5日早朝、東京・築地

 東京・築地市場(中央区)で5日朝、新年恒例の初競りが行われ、青森県大間産のクロマグロ(222キロ)に1億5540万円という史上最高値が付いた。昨年の5649万円を大幅に上回り、卸売場ではどよめきや歓声が広がった。
 午前5時すぎ、鐘の合図で始まったマグロの競りは、この日1番のマグロを狙う仲卸と競りに参加する権利を持った「すしざんまい」を展開する喜代村との一騎打ちに注目が集まった。
 お互い譲らず徐々に競り値は上昇、昨年の1キロ当たり21万円をあっさり突破。通常、あっという間に値決めされるが、両者の競り合いは数分間に及び、キロ70万円という超高値で喜代村に軍配が上がった。
【時事ドットコム】

             広告代と思えば安いものなんですかね。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。