前頭部を12針縫うけがをした菅直人前首相、黄色いバラを手に演説→花言葉は「あなたには誠意がない」

13日に乗っていた選挙カーが東京・府中市内で中央分離帯の鉄柱に激突し、前頭部を12針縫うけがをした菅直人前首相(66)が14日、左目元が紫がかったさえない顔色でJR三鷹駅前に立った。

 まさに“泣きっ面にハチ”状態に陥っている菅氏だが、地元有権者の反応は冷ややか。“菅総理”をはぐくんだ地元とは思えないほどの無関心ぶりで、投開票日2日前だというのに、菅氏を囲む輪は最大で約30人ほど。演説途中には「この売国奴! 俺はだまされないぞ」と声を荒らげる男性が、関係者からつまみ出されるひと幕もあった。

 マイクを握り締めて「原発ゼロ」と書かれたお立ち台から安全なエネルギー政策への転換に焦点を絞り、革新色が強い土地柄の市民感覚に訴えたが「原発以外にも反省することがあるだろ!」とヤジられる始末。

 菅氏の言葉の端々には不安がのぞいた。「週刊誌(の当落予想)なんかで結構、黒三角なんです。皆さん、お願いです。今、競っている自民党以外の党に票が分かれないように、反原発のお友達に『どうも菅さんが危ない』と伝えてください。あ、これは私が言ってるんでなくて新聞が言ってるんですけど(苦笑い)。正念場なんです!」と危機感を募らせた。もし、首相経験者が小選挙区で落選すれば、2009年総選挙で愛知9区から出馬した海部俊樹元首相以来3年ぶり。前頭部の傷を固定するプラスチック板が痛々しい頭を何度も下げ、支援者らに握手を求めていた。演説中、手にしていたのは「支援者からもらった」(菅氏)と喜んだ黄色いバラだったが、花言葉は「あなたには誠意がない」。16日、事故よりアイタタタ…なことにならなければいいが…。(東スポWeb)


前回、菅直人へのヤジがすごい件についてでも取り上げたんですが、どんどん雲行きが怪しくなっているようです。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。